メニューを閉じる

メインメニュー

メニューを閉じる

情報メニュー

フィリップス社 ワンデイAEDレンタル ▼コンテント▼
メニュー

1日だけのイベントでもAEDを

AEDレンタル料金価格表ダウンロード

AEDは1日からのレンタルで

わずか1日だけのイベントでも、AEDを必要とする不慮の事態が起きるかもしれません。
ピースフルのイベントでの安全管理、救命救急業務を行う中でもAEDを使用し、救急車が到着する前に、蘇生した例は多々あります。
こうした経験から、AEDの重要性を強く感じ、AEDのレンタルをおすすめしています。 必要な時だけお使いいただけるので、リース契約や買取り(約40万円)よりも、低コストで不慮の事故に備えることができます。

AEDの設置は広がっています

AEDは平成16年7月から厚生労働省認可により、医師、救急救命士などの医療資格がない人でも使えることになりました。以来、各施設、公共機関、イベント会場でのAED設置数は増え、重要性も広く知られています。 特に人が多く集まる場所や会場、高齢者の方々がいらっしゃる施設、スポーツイベントに携わっている方にとっては、AEDの設置は義務になりつつあります。

目の前の心臓発作を救うAED

AEDは心臓発作を救います

心臓発作は、いきなり訪れます。心臓発作の大多数の原因が「心室細動」によるものです。
心室細動とは、心臓が何らかの原因でリズミカルな動きができなくなり、体に十分な血液を送り出せない状態です。そのまま放置すると、わずか数分で完全な心静止の状態に陥り、死の一途をたどります。
その心室細動を止めることができるのはAED(自動体外式除細動器)しかありません。AEDは除細動(心室細動を取り除く行為)が必要かどうかを全自動で解析し、ボタンひとつで心臓に電気ショックを与え、心室細動を取り除く器械なのです。

世界シェアNo.1 フィリップス社

peacefulでご紹介しているレンタル機は、フィリップス社のAEDです。
フィリップス社はオランダで創業し、医療器械をはじめとする世界規模のエレクトロニクスメーカーで、その技術力には定評があります。


世界で最も多く使われている安心と実績

フィリップス社製AEDは、世界シェア44.5%(2002年 Frost and Sullivan調べ)を占めます。
効率の良い操作性と技術力で、医療従事者、公共施設の救急チームから高い信頼を得ています。
国内では、羽田空港、Jリーグ、小田急新宿駅を始め主要施設に、設置されています。

↑ 上へ戻る ↑